次世代のED治療薬ステンドラ

これまでのED治療薬のいい所取り

今後注目のED治療薬

日本で販売されているED治療薬はバイアグラをはじめとしてレビトラ、シアリスの3つです。

この3つは世界的にも知名度があり、三大ED治療薬とも言われています。

しかし、ED治療薬というのはこの3つしか存在しないというわけではありません。

医療の世界というのは日々新しい医薬品というのが誕生しており、ED治療薬でも同様のことを言えるわけです。

日本ではまだ知名度は低いですが、海外では最新のED治療薬として注目されているのが「ステンドラ」です。

このステンドラは最初日本の製薬会社である田辺三菱製薬会社が開発を進めていましたが、そこからアメリカのVIVUS(ヴィヴス)社に日本と一部のアジア地域での販売権以外を全て譲渡しました。

そこからアメリカで承認されて発売された経緯があるのです。

そんなED治療薬であるステンドラの優れている点としてこれまでに発売されたED治療薬の特徴を組み合わせたようなED治療薬ということです。

というのはレビトラのような即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けづらく、副作用も少ないといわれていて、薬の効果作用時間も5時間とバイアグラと同等と言われています。

レビトラは即効性がありますが、食事の影響は受けやすいです。

紹介しているサイトによっては食事の影響はそこまで受けないとされていますが、レビトラは受けやすいので注意してください。

レビトラの強化版と考えてもいいですね。

日本では残念ながら2018年の7月時点でも未承認ですので国内の病院で処方して貰えません。

最新の医薬品であり、海外ではお隣の韓国でも販売されているのにも関わらず購入することが出来ないのです。

そんなED治療薬でもあるステンドラを購入したいと思っているかもしれませんが、すでに海外ではステンドラのジェネリック医薬品がインドで販売されています。

日本では未承認の医薬品であるのにも関わらず海外ではジェネリック医薬品がすでに販売されているということはいかに日本が遅いのかが分かると思います。

しかし、それを嘆いていても仕方が無いので、医薬品個人輸入代行サイトを利用して最新のED治療薬のジェネリック医薬品を手に入れてしまいましょう。

もちろんステンドラを購入することも出来ますが、ステンドラの1錠あたりの値段は約1,800円前後するのに対してステンドラのジェネリック医薬品である「アバナ」は大体1錠500円程度です。

3分の1以下で購入できるということもありリーズナブルに手に入れることが出来るのでどうせならばアバナを購入することをオススメします。

医薬品個人輸入代行サイトに慣れている人は基本はアバナを購入しているようです。

ステンドラ(アバナ)の規格は3つで主成分アバナフィルの含有量の違いによって【50mg錠・100mg錠・200mg錠】に分けられています。

他のどのED治療薬とも表記が違うので注意をして下さい。

最初はアバナのジェネリック医薬品100mg錠を購入することをオススメします。

日本では手に入れることが出来ない最新の医薬品を医薬品個人輸入代行サイトを利用していち早く試してみましょう。

製薬会社 ヴィヴス社
1錠あたりの値段 100mg錠約1,500円:200mg錠:約1,800円
効き始める時間 服用してから約15分後
持続作用時間 最大5時間
主成分 アバナフィル


↑ PAGE TOP