妊活中のED治療薬使用の有無

1例も問題が報告されたことがない

不妊治療の現場で使われている

勃起不全に悩まされる人の原因として大きいのが糖尿病などをはじめとする生活習慣病や年齢が原因と言われています。

他には過度なストレスだったり、精神的に追い詰められてしまって自律神経が乱れてしまっている状態でも勃起不全になると言われています。

そして意外な事実に思うかもしれませんが、妊活中にも勃起不全になってしまうことが多いのです。

あまり意識していない男女も多く、急に妊活がスタートすることで勃起不全になってしまいます。

実は不妊に悩まされている夫婦というのは年々増えてきており、不妊治療の病院も増えてきているのです。

やはり自分の子供が欲しいと思うのは当たり前のことですし、最初は自然に任せて性行為をしていたものの1年以上自然のタイミングに任せていたのにも関わらず出来なくなるとしたら当然焦りが生まれてきますよね。

男性はまだしも女性のほうが年齢的にも焦ってしまうわけです。

そんな中で不妊治療を行う際にまず一番最初に取り組むこととしてタイミング法と呼ばれるものですよね。

本来受精するタイミングというのは月に2・3日しかなくそれを逃してしまうとまた翌月まで持ち越しとなってしまいます。

ですからタイミング法というのはその受精しやすい日に合わせて性行為を行うというのが不妊治療の第一歩です。

そのために毎日基礎体温を測ったり、市販の検査薬で調べたり、病院に行ってしっかりと調べたり、夫婦によって選択肢が分かれるところだと思います。

しかし、今までのように成り行きに任せて子作りを行っていたものが、“決められた日”に必ず性行為をしなければいけないというのは性的欲求が沸きづらいものです。

仕事で嫌なことがあって疲れていようとも、体調が優れていなくても必ず性行為をしなければいけない。これを逃してしまうとまた来月になってしまうから絶対に性行為をしなければいけないというのがプレッシャーになってしまうのです。

目に見えないプレッシャーとなってしまい、性的興奮よりも必ずしなければいけないという気持ちが勝ってしまって勃起不全になってしまうのです。

女性からしてみればチャンスが少ないし、私のほうが周りから言われているんだからしっかりしてよ!って気持ちが出てしまうのも当然です。

そういったプレッシャーがより男性を勃起不全にしてしまうだけではなくて夫婦の関係をギクシャクしてしまう可能性もあるのです。

子供を授かる上でストレスというのは子宮を収縮させてしまったりなどストレスは子作りに大敵です。

男性はしっかりと自分が性行為が出来る状態にしておくことが最低条件です。

そんな状態でもED治療薬というのが非常に役立ちます。

ED治療薬は不妊治療の現場でも使われていて、当たり前ですが、染色体異常だったり、子宮に害を与えてしまったり、ましてや胎児に影響を与えることはありません。

そもそもED治療薬を血管を拡張させて血流を良くする薬ですからそもそも副作用の中にも害を与えることはありません。

もし副作用が胎児や子宮・精子に悪影響を与えるようなものだった場合はそもそも承認はされませんから安心して利用できます。

とはいえ不安に思う部分もあるかもしれませんのでその場合は不妊治療の専門医に相談をしましょう。

そもそも不妊治療の専門医が念のためにと1錠渡すこともあります。

今まで勃起不全とは無縁だったのに妊活中に勃起不全になる可能性もあるからといって渡すこともあるのです。

安心して利用できます。

↑ PAGE TOP