ED治療薬とロキソニン

頭痛に悩まされる人は多い

同時に併用しても大丈夫

ED治療薬を服用した場合は副作用が出ると言われています。

副作用は人によって様々な症状が出ると言われていますが、その中でも悩まされているのが頭痛です。

ズキズキとするような痛みに悩まされてしまい性行為が出来ない、もしくは性行為が楽しめない。

性行為中は気にならないけど性行為を終えた後の頭痛に悩まされてしまっているという人もいるかもしれません。

薬の副作用に関しては個人差がありますし、またその日の体調によっても左右されてしまいがちです。

とはいえやはり頭痛に悩まされる人も多いのがED治療薬のネックとなる部分です。

しかし、そんな頭痛も国内でも有名なロキソニンをはじめとした鎮痛解熱剤を使えば解決することが出来ます。

ロキソニンは、以前は医療用の医薬品として医師の処方箋が必要なでしたが、近年市販薬として変更されたこともあり、医師の処方箋なしに薬局やドラックストアで購入することが可能になりました。

ジェネリック医薬品なども販売されていますが、ロキソニン自体はそこまで高い料金ではないためそこまで金銭的負担に感じることはないでしょう。

ロキソニンはテレビやCMなどでも御馴染みだと思います。

そんなロキソニンはED治療薬と併用して服用しても問題ありません。
※ED治療薬には併用してはいけない薬もあるので注意してください。詳しくはED治療薬の副作用と併用禁忌薬をご覧になってください。

よくED治療薬を使った後に風邪を引いてしまったけれどロキソニンを使ってもいいのかどうか迷ってしまい結局使わずにいたとかいう人もいますが、大丈夫です。

どうしても妊活中の時などは風邪を引いていたり、ちょっと熱が出ているときなどの体調が悪い時などでも性行為をしなければいけないという人も中にはいます。

そんな時でもロキソニンを活用しても問題はありません。

ロキソニンは服用してから大体15分ほどから効果を発揮するので即効性があるレビトラやステンドラと一緒に服用しても同時に効き始めるため、頭痛に悩まされる心配はないのです。

ED治療薬を使用した際の頭痛が気になるという人は是非ともロキソニンを一緒に併用するようにしましょう。

1錠あたりの値段は高くありませんから快適に性行為をしたいという人は購入しておきましょう。

↑ PAGE TOP