即効性が魅力のレビトラ

咄嗟のときでも使用できる

第2のED治療薬

バイアグラが世界で初めて誕生したことで大いにED治療薬が注目を浴びました。

世界中で多くの人が利用されて勃起不全に苦しんでいた男性とそのパートナーとなる女性の両方が救われたと言ってもいいでしょう。

そんなバイアグラの次にED治療薬が発売されたがレビトラです。

しかも開発をしたのが世界中で使用されているアスピリンを開発したことでも有名な先進医療国のドイツにある大手製薬会社のバイエル社から発売されるということで話題になりました。

2003年3月に欧州で承認されて同年の8月にアメリカで認可されて、日本でも約1年後の2004年の6月には販売されたのです。

もともとレビトラは基本的な化学構造式はとても似ていてほとんど同じ作用機序をしています。

ですのでレビトラの認可に関してもスムーズに認可されたといってもいいでしょう。

そんなレビトラの特徴はバイアグラとは違って即効性があるという点です。

空腹時で服用して早い人で15分ほどから効果を発揮すると言われています。

すなわち性行為をするにあたって逆算する必要がないということです。例えばお互いが性的欲求が高まるシチュエーションになった時にバイアグラの場合は大体1時間ほどまってから性行為をしなければいけません。

しかし、レビトラの場合は最短15分ほどで効果が現れるので、性的欲求が高まった場合、女性をシャワーに入らせている間にレビトラを服用さえすれば後は間に合うわけです。

その後に自分がシャワーを浴びれば性行為を出来る状態になっています。

またレビトラの場合は即効性に注目度が増しますが、レビトラは持続作用時間もバイアグラの倍の最大10時間も効果が持続します。

だからこそ安心して利用することが出来るんです。

即効性があるので、咄嗟の時でも安心して服用することが出来ますし、事前に1錠服用さえしておけば最大10時間ほど効果があります。

ある程度余裕を持って性行為に臨む事が出来るのです。

レビトラとバイアグラは基本的には似たようなものですが、薬の規格の表記が違うので注意してください。

レビトラの場合は【5mg錠・10mg錠・20mg錠】の3つでこの違いは主成分であるバルデナフィルの含有量によって変わってきます。

5mg錠の場合は日本の病院でも含有量が少ない為にまず処方されません。

大体日本人の体型に合っていると言われているのが10mg錠です。

10mg錠の場合は効き目の持続時間が最大8時間で、20mg錠が最大10時間です。

今までバイアグラを利用していた人はレビトラを使ってみてその即効性や持続時間の長さを体感してみましょう。

レビトラの値段は1錠あたりの値段が約1,800円ほどします。

バイアグラと値段がそこまで変わりませんが、1錠あたりの値段が高いと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用すればジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

日本ではバイアグラのみしかジェネリック医薬品を購入することが出来ませんが、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に手に入れることが出来ます。

医薬品個人輸入代行サイトについて詳しく知りたい方は『医薬品個人輸入代行サイトとは』をご覧下さい。

どうしても1錠あたりの値段が金銭的負担になるというのであれば同等の効果があるジェネリック医薬品を注文すればかなり値段を抑えることが出来ます。

レビトラのジェネリック医薬品として有名なのがバリフやビリトラです。

しかし、今現在レビトラのジェネリック医薬品は製造されているもののみ販売が許可とされています。

というのも今現在レビトラのジェネリック医薬品が販売されているのはジェネリック大国のインドのみです。これはインドが他の国とは特許に対する捉え方が違うためです。

これは世界の医薬品メーカーから批判を浴びており、何度も裁判で争われて問題となっています。

一方で貧困層などがインドのジェネリック医薬品を使えるということで助かっていたり、赤十字社が使っていたりして助かっている部分もあるのです。

インドのジェネリック医薬品に対する特許の考え方がどうなっていくのかは分かりませんが、レビトラに関しては今ある分だけは製造しても良いとなっているのでいつなくなるかどうか分かりません。

今後はレビトラのジェネリック医薬品が値上がりする可能性もあります安く購入できるうちに買っておくようにしましょう。

製薬会社 バイエル社
1錠あたりの値段 10mg錠約1,600円:100mg錠:約1,800円
効き始める時間 服用してから約15分後
持続作用時間 最大10時間
主成分 バルデナフィル


↑ PAGE TOP