ED治療の最後の砦ICI療法

ED治療薬が使えない人でも安心

被験者の98%に効果がある

ED治療薬はこれまでに勃起不全に悩んでいる男性だけではなくて、そのパートナーとなる女性をも救ってきた非常に優れた医薬品です。

被験者データでもおよそ8割の人に効果を実感することが出来たといわれていますし、実際の利用者の方も多くの人が実感しています。

まさに世界中で利用されている医薬品であり、勃起不全に悩んでいる人はまずはED治療薬を病院でも進められます。

そんな優れたED治療薬ですが、人によっては使えないという人がいます。

併用した場合、時には命の危険にまで至ってしまうケースも考えられてしまう併用禁忌薬と呼ばれるものがあり、特に心臓病や狭心症を抱えている人はED治療薬の服用を禁止されています。

詳しくは『ED治療薬の副作用と併用禁忌薬』をご覧下さい。

またED治療薬の被験者データではおよそ8割の人に効果があると言われていて非常に高い実験結果があるのですが、逆に2割の人は残念ながら効果を実感できなかったわけです。

その人はもう性行為をすることを諦めるしかないのか?って思っているかもしれませんが、決してそんなことはありません。

ED治療薬の最後との砦とも言えるICI療法というものがあります。

このICI療法の優れたところは副作用が少なく、特に空腹時服用しなければ効果がないというものもありません。

また併用してはいけない医薬品というのも特別ないので利用しやすいといえるでしょう。

さらに被験者のおよそ98%の人に効果があると言われています。

ED治療薬を服用して効果がなかった人からしてみれば聞けば聞くほど試したくなった人もいるかもしれませんが、ICI療法の仕組みとしては直接専門の医者が配合した薬を陰茎海綿体に直接注射します。

「え?直接注射?」って聞くと気が引けるかもしれませんが、針の太さは髪の毛ほどの細さで薬の容量も0.1ccということですぐに終わります。

最初は医者に指導を仰ぎつつ、効果があるかどうかのチェックをしますが、2回目以降は自分自身で打つ必要があるのです。

というのもICI療法はED治療薬と違って注射をしたら半強制的に勃起します。

効果が効き始めるのが15分前後で効果を発揮すると言われていますので注射を打った後にホテルに行くとなると大変です。

とはいえ、副作用も特にないですし、制限もないので、慣れてくればICI療法のほうが簡単だと言う人もいます。

副作用に関しては陰茎海綿体がズキズキと鈍痛がするといった症例もあるのでどんな副作用が出るのかも兼ねて最初は医者に診てもらわなければいけません。

非常に使い勝手がいいICI療法ですが、なぜあまり広まっていないのかというとまず最初にICI療法が出来る病院やクリニックが少ないためです。

日本でも徐々に広まっていますが、まだまだできる場所が少ないという点がまずあります。

都内ならばまだしも地方にお住まいの人は中々病院を探すだけでも大変です。

そして1回の施術料金に10,000円ほどかかるという点です。

ED治療薬の1錠あたりの値段は高くても2000円ほどでジェネリック医薬品などを使えばさらに数百円程度で購入できます。

それがICI療法の場合は1回10,000円ほどですからかなりの金額になります。

料金が高いということが非常にネックになっている部分でもあります。

また注射をしたら半強制的に勃起へと至るので性行為時の感度が非常に鈍くなるとも言われています。

そのため早漏の人の治療薬にも使われているとも言われているので感度が鈍くなるということは頭に入れておきましょう。

基本的にまだICI療法を行ってくれる病院が少ない点や料金が高い点を考えるとED治療薬で効果を実感することが出来る人はED治療薬を継続的に利用しましょう。

しかし、ED治療薬では効果がないという人や使えないという人は最後の砦とも言えるICI療法があるということは頭に入れておきましょう。

↑ PAGE TOP