E治療薬のジェネリック医薬品

先発医薬品と同等の効果

厳しい審査基準がある

日本でもジェネリック医薬品という名前が大分浸透してきていますよね。

世界中で高い知名度を誇るバイアグラでもジェネリック医薬品が多く誕生していて日本の病院でも処方されていますし、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば海外で開発・販売されているレビトラやシアリスのジェネリック医薬品だけではなくて、日本ではまだ未承認である次世代のED治療薬であるステンドラのジェネリック医薬品までもが販売されています。

国策でも今後ジェネリック医薬品を使うようにしていく方針ですので是非ともジェネリック医薬品について正しい知識を学んでおきましょう。

ジェネリック医薬品は効果がないとか、消費期限が切れた医薬品と“間違った”認識している人もいます。

きちんと正しい知識を得るようにしましょう。

まずジェネリック医薬品というのは世界共通語であり、Genericは後発医薬品という意味です。海外でジェネリック医薬品でお願いします。といえば通じます。

新薬(先発医薬品)として認められたら特許として20年にわたって独占的に販売をする事が認められるのです。

そしてジェネリック医薬品というのは新薬(先発医薬品)の特許が切れて他の製薬会社でも製造が認めらて販売された医薬品のことを指します。

つまりジェネリック医薬品というのは独占的な販売権利が切れたものであり、決して消費期限が切れた医薬品ではありません。

そんなものを国が推奨するはずがないですよね。

またジェネリック医薬品に関してもかなり厳しい審査基準が設けられています。

特に日本では販売までに3年~5年ほどの月日がかかるということで世界的に見ても厳しい基準があるのです。

ではなぜ他の医薬品製造会社がジェネリック医薬品を製造。販売するのかというと圧倒的に開発コストを抑えることが出来るからです。

本来新薬を開発するにはかなりの開発期間とコストがかかります。

新薬の開発に10年かかることも珍しくなく開発コストに関してはなんと100億円以上かかるケースも珍しくありません。

しかし、ジェネリック医薬品に関しては当初から成分が公開されていますし、ある程度の製造過程も公開されているわけですから開発コストは10分の1程度に抑えることが出来ます。

またジェネリック医薬品として販売されるということはある程度知名度のある医薬品が作られる対象になります。

バイアグラのジェネリック医薬品として発売されるわけですから購入者も多いわけです。

さらに先発医薬品よりも安く購入されるわけですから当然多くの人が買い求めるのでジェネリック医薬品を作るメリットはあります。

ジェネリック医薬品が効かない!というのは先入観などの間違った認識による思い込みだったり、たまたま効果がなかったためそう認識してしまったのかもしれません。

先ほどもいったように日本のジェネリック医薬品のレベルは世界トップレベルでその品質の高さから海外から医薬品を買い求める人もいるほどです。

安心して利用することが出来ます。

日本で実地している審査は主に3つです。

○先発医薬品と同じように薬が溶けるのか?

○薬を製造する場所は清潔に保たれているのか?

○先発医薬品と同等に薬の効果があるのかどうか?

の大きく分けて3つです。

そこからさらに細かい基準が設けられているのです。

安心して利用することが出来ます。

ジェネリック医薬品が効かないといった誤った認識でいるのではなくて正しく理解をする事が大切です。

↑ PAGE TOP