勃起不全になる原因

年齢のせいだけではない

病気のサインの可能性もある

勃起不全になってしまって自分も遂にそういった年齢になってしまったかぁって自分が年をとったことを痛感しているかもしれませんが実は勃起不全というのは必ずも年齢のせいで勃起不全になるということではありません。

確かに50代と60代などのいわゆるシニア世代と呼ばれている人たちは性的欲求や性的興奮も少なくなるので勃起をする機会自体が減ってしまい、性行為をそのものを行う気分になれないかもしれませんが、実は年齢のせいで勃起不全になる原因は2番目なんです。

つまりもっと勃起不全になる原因があるということです。

勃起不全になってしまう原因として最も多いのが実は糖尿病・脂質異常症・高血圧症と呼ばれる生活習慣病が原因で勃起不全になってしまう原因と言われています。

特に糖尿病患者のおよそ8割の人が自分が勃起不全だと自覚をしています。

無自覚だったり、認めたくない人を含めればさらに多いのではないでしょうか?

というのもそもそも勃起のメカニズムとして勃起というのは性的興奮を受けて脳がしろ!と命じた時に血流を陰茎海綿体に集めて勃起をします。

しかし、勃起をしろと脳が命じたのにも関わらず、血液がドロドロでうまく血液が陰茎海綿体に集まらなければうまく勃起することが出来ません。

そして中途半端な硬さの勃起をしていたりすることが続いたり中折れしてしまうことが続くと勃起不全になってしまうわけです。

血流が集まらなければ勃起は出来ないわけですから血流が悪くなる糖尿病患者は当然勃起不全になってしまうわけです。

自分が勃起不全だったり、ここ最近ちょっと中折れがするなぁって思ったら生活習慣病を疑うようにしましょう。

食べ過ぎてしまったり、飲みすぎたり、深夜に脂っこいものを食べたり、普段から食べ過ぎたりしていませんか?

まずは病気の合図だと疑うようにしましょう。

また生活習慣病だけが原因というわけではありません。

特に若い人40代30代で勃起不全になってしまっている人は気をつけなければいけないのが普段から仕事に追われたりしていませんか?

毎日朝早くから起きて夜遅くまで仕事をして、家には寝に帰っているだけではありませんか?

休日出勤は当たり前となっていながらも給料は一向に上がらずに不安になっていることでしょう。

もう心身ともに疲れきっていたりする人は勃起不全になってしまいます。

精神的にも肉体的にも疲弊してしまうとまず自律神経が乱れてしまって何かをする気になれなくなってまともな思考回路が働くなくなってしまうわけです。

また疲れすぎてしまって性行為どころではなくなってしまうものです。

仕事に追われてうつ病になってしまった人のほとんどが勃起不全と言われています。

30代・40代ともなれば性的欲求自体は下がってきたとしても本来は脂が乗った男盛りなわけですから勃起不全ということは体が疲れている合図です。

身体を休めてリラックス状態でいること、自分をもう一度見つめなおすようにしましょう。

また本来では勃起不全とは無縁の20代でも勃起不全になってしまったという男性もいます。

その理由としては上記の仕事だったり、暴飲暴食を繰り返しても起こるものですが、例えばパートナーである女性から「Hが下手で気持ちよくない」みたいに心無い一言を言われてしまったことが原因で苦手意識が芽生えてしまって勃起不全になる人もいます。

性行為をしたいという気持ちよりもまた女性から傷つくことを言われたらどうしようという恐怖心などが性行為自体を遠ざけてしまうのです。

そういった苦手意識をもってしまうとどうしても若い人でも勃起不全になってしまうものです。

最初から上手な人なんていないわけですから徐々に上達をしていけばいいですし、今ではラブグッズなども販売されているので、そういった道具を使って性行為を円滑に進めるようにしましょう。

↑ PAGE TOP